「海外に数年滞在する予定があるけど、携帯電話番号は変えずに持っていたい」

「基本的に通話やデータ通信もすることはないから、お金をかけずに番号を維持できないのかな」

長年使っている自分の携帯電話番号。

番号が変わると何かと面倒なことも多いので、海外にいる間も維持しておきたいものですよね。

どうすればお金をかけずに携帯電話番号を維持できるのでしょうか。

大手キャリアでも番号の維持はできるけれど…

ドコモやau、ソフトバンクには、海外赴任や留学などで長期間利用しない場合に電話番号を預かってくれるサービスがあります。

ドコモ
保管年数:最長3年 事務手数料:1,000円 月額料金:電話番号が400円/月、メールアドレスが100円/月
au
保管年数:最長5年 事務手数料:2,000円 月額料金:372円/月
ソフトバンク
保管年数:最長5年 事務手数料:3,000円 月額料金:390円/月

いずれの場合も毎月500円以下で電話番号の維持が可能。

しかし、このサービスを利用している間は「休止状態」となり、番号やアドレスは使えない状態となってしまいます。

そうなると、この間にかかってきた電話などは確認することができないことに。

一時帰国した際に「電話番号やメアドが使いたい」と思っても、解除手続きをしなければ使うこともできません。

解除してしまうと海外へ戻るときには再度休止手続きをしなければならず、手数料などがかさむ結果に。

逆に、電話番号などが使える状態で維持しようと思うと通常の基本料金などが発生するため、月額料金も高額になってしまいます。

月額700円で「電話番号が使える状態」で維持できる!

「なるべくお金はかけずに、電話番号が使える状態で維持したい!」

そんなちょっとワガママな希望も、格安SIMを利用すればかなえることができます。

特にオススメなのは、nuro mobileが提供している「0 SIM」。

これを使えば、月額700円で「電話やデータ通信が使える状態で番号を維持」できるんです。

0 SIMってどんなもの?

0 SIMの特徴を簡単にまとめると、次の通り。

  • 1か月あたりのデータ通信量によって料金が変わる従量制プランのSIMカード
  • データ通信量が499MB以下なら、音声付SIMで月額700円
  • ドコモ系格安SIMなので、ドコモで購入した端末ならそのまま利用可能

番号を維持するなら「データ+音声プラン」を選ぶこと

0 SIMのホームページを見ると「毎月500MBまで無料で使える」という表示を目にするかもしれません。

毎月500MBまで無料なのは、電話番号が利用できない「データ専用プラン」の話。

電話番号維持には「データ+音声プラン」を選んでくださいね。

0 SIM利用に必要な初期費用は?

  • 現在の契約先で定められているMNP転出手数料(2,000〜3,000円程度)

    0 SIMを使って電話番号を維持する場合、まずはMNPの手続きをして0 SIMを新規契約することが必要になります。
  • 0 SIMの登録手数料(3,000円)
  • SIM発行手数料(394円)

この他、現在のスマホの契約状況によっては違約金(9,500円程度)が発生することもあります。

あらかじめ、現在のスマホの契約期間や更新期間をチェックしておくと良いでしょう。

海外にいても連絡内容を把握したい! そんなときは「050 plus」が便利

0 SIMで番号が使える状態にしていても、かかってきた電話の用件を確認できないと意味がない?

そんな問題を解決できるのが、転送電話とIP電話アプリの050 plusの合わせワザ。

  • 050 plusを契約し、050の番号を取得
  • 0 SIMの転送電話で、転送先番号に050番号を設定

たったこれだけで、あなたの携帯電話番号宛にかかってきた用件を海外で確認することができるんです。

050 plusとは?

通常の電話回線ではなく、インターネット回線を利用して通話ができるIP電話サービスのひとつ。

利用申し込み後、050 plusアプリをインストールすれば使えるようになります。

050 plus同士やIP電話宛なら通話料無料。

固定電話や他社携帯電話宛の通話料も、通常よりお得になる便利なサービスです。

利用料金は月額300円。

アプリには留守番電話機能も付いているので、電話に出られないときでも安心!

録音メッセージを音声ファイルに変換しメールで送ってくれる機能もあるので、どこにいても簡単にメッセージを確認することができます。

転送電話を使うと料金が高額になる!?

「携帯電話番号宛にかかってきたものを、050 plusに転送する」

これってつまり、海外に転送するわけだから料金も高額になるのでは!?なんて心配に思うかもしれません。

でもそんなに心配する必要はないんです。

電話をかけた人(発信元):0 SIMへの発信なので、通常の国内携帯向け通話料と同じ

あなた(受信者):0 SIMから050宛番号へ発信した場合の通話料(20円/30秒)+050 plusを利用した際のインターネット通信料

050 plusの録音時間は、最大90秒。

時間いっぱい録音したとしても、あなたが負担する1回あたりの通話料はわずか60円程度です。

発信元はもちろん、受信者側にも費用負担が少ないこの方法。

海外滞在中の電話番号維持と大切な連絡を聞き逃さないためにも、ぜひ使ってみてくださいね。

WiMAXの最安値比較はこちらがおすすめ。
WiMAXの比較はこれだけ!

ページの先頭へ